法律相談センター
事務所 〒310-0062
水戸市大町2-2-75
電 話029(221)3501
FAX029(227)7747
法律相談センター
電話 029(227)1133
水戸支部
電話 029(227)6055
FAX 029(227)6108
土浦支部
〒300-0043
土浦市中央1-13-12
電話 0298(21)0122
FAX 0298(22)7646
下妻支部
〒304-0067
下妻市下妻乙99
電話 0296(44)2661
FAX 0296(44)2554

(2009年11月更新)
茨城県弁護士会の現況
1 会員数の動向等
 茨城県弁護士会の平成21年10月1日現在の会員数は159名です。
 当会には,水戸支部,土浦支部,下妻支部の3つの支部があり,会員159名の内訳は,水戸支部90人,土浦支部54人,下妻支部15人となっています。
 会員数は近年増加傾向にあり,特につくばエクスプレス開通後のつくば地区(支部としては土浦支部)の弁護士数の増加は顕著なものがあります。
 茨城県の人口は約297万人(平成21年10月1日現在)ですので,弁護士一人あたりの人口は約1万8,680人ということになります。この数値は,全国でも低い方で,茨城県は弁護士がまだまだ不足しており,弁護士に対する需要が大きな県といえるでしょう。
 県内の裁判所の配置ですが,県庁所在地である水戸に地家裁の本庁があり,そのほか,日立,土浦,麻生,龍ヶ崎,下妻にそれぞれ地家裁の支部があります。
 基本的に裁判所の本庁並びに各支部に対応する形で弁護士が開業していますが,人数にばらつきがあるため,弁護士会としては上記のように水戸,土浦,下妻という3つの支部構成となっています。裁判所の本庁・各支部と弁護士会の各支部の関係と各管轄内の弁護士数を対応表にすると,以下のようになります。
裁判所 弁護士会 人数
水戸 水戸支部 85人
日立 5人
土浦 土浦支部 40人
麻生 4人
龍ヶ崎 10人
下妻 下妻支部 15人
 この表からお分かりのように,裁判所日立支部・麻生支部・龍ヶ崎支部管轄内が,
弁護士数10名以下の地域になっています。このように,各支部間の弁護士数にばらつきがあり市民の法的アクセスという面からはとても不十分であるため,各地区に法律相談センターを設けて、市民の法的アクセス向上に努めております。
 法律相談センターは,日立,水戸,土浦,下妻,龍ヶ崎、鹿嶋のほか、守谷にも設置されていますので,県内の裁判所の地家裁支部の全てに法律相談センターが存在するということになります。法律相談へのアクセスという観点からいえば,これら相談センター以外にも,自治体その他団体との提携により無料法律相談を定期的に実行しています。

2 弁護士の活動について
 地方の中小規模の単位会ではどこも同じでしょうが,茨城県弁護士会の会員は,通常の民事事件や多重債務に関する事件を多数抱える傍ら,国選弁護人,破産管財人,当番弁護士として活動しております。
 当番弁護士についていえば,当会会員のうち80%近くの会員が当番弁護士に登録しており,水戸支部,土浦支部の会員については当番日が割り当てられます。下妻支部の会員については,当番日こそ割り当てられておりませんが,県西地区所在の警察署,拘置所などからの派遣要請事案について適宜担当してもらっています。

3 委員会活動について
 そのほか,各種委員会活動も若手を中心として盛んに行われています。その中でも,当会の特徴的な活動として法教育委員会の活動が挙げられます。当会は,平成14年9月27日,つくば市で開催された関弁連シンポジウム「子どもたちのための法教育」の担当会でしたが,シンポジウム終了後も,法教育の活性化に向けた取り組みをするべく,平成15年度からは,全国に先駆けて市民のための法教育委員会を設置し,会として組織的に法教育活動を行っております。平成20年度は,年3回の弁護士会館や土浦・下妻での会場に小中学生を招いての授業や、県内の小中学校に法教育委員を派遣し,法教育の授業を行いました。

●日弁連司法修習生のページを見る●
  弁護士になろうと言う修習生の中には,どの弁護士会に登録しようかと悩んでおられる方も少なくないと思います。もっと具体的に言えば,東京や大阪などの大規模単位会に弁護士登録するか,中小規模の地方単位会に登録するかという問題は,司法改革が進む昨今ではより一層悩ましい問題になりつつあるように思えます。
  そのような悩みをお持ちの皆様に申し上げたいことは,今,弁護士や弁護士会は大きく変化しているところであり,今後は,さらにドラスティックな変化があり得るであろうということです。当会は,前述のとおり,160名程度の中規模単位会ですが,中小規模の地方単位会という選択肢も考えられておられる修習生の方にとっては,なかなか魅力的な会ではないかと自負しております。
  まず,当会は,前述のとおり県内人口に比べて弁護士が不足しており,なかでも,土浦支部,下妻支部の会員数の不足は顕著ですので,特にこれらの支部では新入会員といえども,すぐに独立開業が可能なだけの民事,刑事,倒産関係事件などの需要があります。平成20年度においても、3名も即独した弁護士がいます。また、水戸支部についても,土浦,下妻ほどではないにしても,全国レベルから見れば,まだまだ弁護士が不足しており,弁護士としての技能を身につけるのに十分な事件数はすぐにでも確保できることでしょう。
  次に,地方単位会としては,研修,研究会などが充実している点も魅力だと思います。当会では,平成13年度から,研修制度の充実化を図っており,実務的に役立つ多くの研修が実施されています。また,若手会員を中心に毎月1回の判例研究会,水戸地裁本庁の裁判官・書記官らも参加する刑事弁護研究会,倒産法研究会など,会員有志による任意の研究会などもさかんです。
  さらに,会員相互間に互いに切磋琢磨しようという適度な緊張感と連帯感がある点も魅力だと思います。当会には,個性豊な会員が多く,各自が自由に弁護士業のスタイルを形成していますが,会員間の関係も非常に良好で,適度な連帯感が保たれています。
また,県内には多くのゴルフ場などがあり,定期的にゴルフ等のスポーツを楽しんでいる会員も多く,海の幸,山の幸に恵まれた土地柄,会員間でおいしい料理を食べながら杯を交し,楽しく歓談する機会も豊富です。
  どの単位会に登録するかという問題は,結局のところ,司法修習生の皆様が弁護士という仕事に何を求めているか、弁護士としてのライフスタイルをどのようにしたいかの問題に帰着するように思われます。
前述のとおり当会の魅力について思いつくまま延べてきましたが,当会のような中規模単位会の最大の特色は,とにかく,弁護士の業務そのものについてはもちろんのこと,その他あらゆる面で,様々なチャンスに恵まれているということではないかと思います。
現在,登録後10年を経過しないうちに副会長職が回ってきていますし,日弁連や関弁連の各種委員会も登録後数年で回ってきますので,日弁連の動きや関弁連の動きなどについても早い時期に深く関われる機会が与えられることでしょう。登録後1年前後で破産管財人に選任されることもごく当たり前になっておりますので,やはり早い時期に倒産処理の実務経験を積むことができます。弁護士数も不足しておりますし,弁護士の専門化もこれからですので,本当に可能性に満ちた会であると思います。水戸から東京都内までの移動もほんの1時間余りです。自分さえその気になれば,自分らしさを生かす弁護士業務スタイルやライフスタイルを追求することは十分に可能です。近時,全会員における若手会員の占める割合が増加してきており,東京3会などからの登録換えの会員も増加してきておりますが,これも,当会のような地方単位会の魅力が見直されつつあることの現れではないかと思います。
  そうはいっても,修習生の皆様には,やはり最初は勤務弁護士として働きたいという要望が多いと思います。この点,茨城県弁護士会には,公式に勤務弁護士を募集している事務所が少ないのも事実です。しかし,執行部や各支部長にご連絡いただければ,斡旋の労はいといません。
皆様の入会を心よりお待ち致しております。

インフォメーション
「墓地の法律と実務」茨城県弁護士会編著
 ぎょうせい 平成9年7月30日発行
 好評発売中!!
民事訴訟・執行・保全・破産「不服申立の実務」
茨城県弁護士会編
 ぎょうせい 平成19年8月31日発行
 好評発売中!!