法教育ってなぁに?法教育Q&A

そもそも法教育ってなんですか?
「自分たちの身の回りで起こるさまざまな問題について,自ら主体的に考え,公正に判断し,行動してもらう力を身につける教育」のことです。自由で公正な社会にふさわしい自立した人を育てようということです。
 法教育は細かな法律について勉強してもらうおうというのではありません。法的な考え方や法の精神を身につけてもらうことに重点を置いています。
法教育の目指すものは?
自分で人生を選択して生きていける自立した市民になるということを目指します。具体的に言えば,合理的な考え方が身につき,情報や意見を鵜呑みにするのではなく批判的に吟味する力を付け,そして,公正に考えることができるような人を育てるために法教育を行ないます。
 他にも,自分だけよければという視点から,相手や周りの人へどのような影響があるのかというところまで視野を広げ,異なる意見の人と対話,議論する力をつけ。問題に対してチャレンジする意欲を持つようになることを目指します。
 ふだん,あまり意識することはないかもしれませんが,現代の社会は法なくしては生活できません。このような社会において,法の考え方を知ることは,生きるために必要なライフスキルであるといえますし,法教育を行なうメリットでもあります。
法を教えると権利ばかりを主張する人がでてくるギスギスした社会になるのではないでしょうか?
私たちの社会は,一人ひとりがかけがえのない存在であり,かけがえのない一人ひとりを大切にしていこうという社会です。一人ひとりが異なる考えや感じ方を持つことを認める自由な社会です。そのような社会では,意見や利害が対立することは当たり前のことです。法は,異なる人々が上手に共存していくためのものです。異なる者がお互いに共存していくのだという法の精神をきちんと理解してもらうことが大切です。そうすれば権利には義務が伴うことをきちんと理解してもらえると思います。
 もっとも,法教育においてもすべてを権利義務だけで考えるというわけではありません。合理性や公正さだけではなく配慮も大切だと考えています。
法教育の具体的な授業にはどんなものがありますか?
代表的なものとしては,模擬裁判やルール作りがあります。いずれもグループディスカッションをします。これらは知識を会得するということが目的ではありません。ですから,一方的にレクチャーをするというやり方はあまりとらないのです。一方的に知識を伝えるだけでは,法の精神や考え方は伝わりにくいと考えるからです。
 子どもたちが,自分で情報を集め,分析し,判断する能力を育む必要があるからです。そして,一人で考えるだけではなく,他人と対話や議論をしてもらうことでそれぞれの考えを深めてもらいたいのです。異なる考えを持った人たちが相手の話を聞き,自分の意見をいい,意見を交換することが民主主義社会の大前提です。授業では,何が正しいのかという答えを最初から教えるようなことはなく,子どもたちに身近な問題と考え方のヒントを示し,自分たちで解決してもらうようにしています。○か×かという結論にではなく,子どもたちがどのように考えたのかという考え方に注目をするようにしています。授業は,具体的な問題を与え,その問題についてグループで考えてもらいます。
実践するために教材はありますか?
学校向けの教材としては,法務省法教育研究会が作成した「はじめての法教育」(ぎょうせい)があります。アメリカの教材では,「私たちと法」(現代人文社)が参考になります。このほかユニークなものが,各地の弁護士会で開発されています。たとえば,カラオケボックスの騒音問題をどうするか,マンションのペット問題をどうするか,大型店舗の進出をどうするか,少年の深夜排梱について規制すべきか,クラスの席替えをどうすべきか,スポーツの試合の出場選手をどのように選出するのか,ケーキをどう分けるかなどたくさんの教材が開発されています。そのほか,それぞれの単位会で実際に行なった教材については,教材のページをご覧ください。
法教育委員会の使命は何ですか?
私たちの委員会は,法教育を通じて,自由で公正な社会にふさわしい自立した人すなわち「良き市民」を育成することを使命としています。
どのような活動を行っていますか?
法教育の実践に必要な情報を集め,研究し,広く提供しようと考えています。
 国内の教材だけではなく,外国(主としてアメリカのもの)の教材についても収集し,研究しています。また,法教育の授業の進め方について知っていただくために,日弁連との共催で,弁護士や教員向けのセミナーを実施しています。
 法教育について知りたいという方のために研究会や勉強会などに,講師を派遣することも検討しています。また,現場の教員を招いて勉強会をするなどしています。
もっと法教育のことを知りたいのですが?
法教育について弁護士が書いたものとして「子どものための法教育」関東弁護士会連合会編(現代人文社)をご覧ください。私たちの委員会の基本的な考え方がわかりやすく述べられています。また,実践的なことを知りたい場合には,各弁護士会の実践報告のページをご覧ください。
法教育を実践している弁護士を紹介してもらえますか?
できるだけご協力したいと思いますので,各地の弁護士会にお問い合わせください。

全国の弁護士会連絡先
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html