シリーズ56


タレント
安めぐみさん
と き: 平成17年5月30日(月)
ところ: (株)ハーモニープロモーション(東京都・港区)
インタビューアー:
会報広報委員会委員   湯澤 晃

今回の「わたし」は,「行列のできる法律相談所」その他のテレビ番組に出演され,幅広くご活躍されているタレントの安めぐみさん(東京出身・23歳)です。

○デビューのきっかけは?
安さん  15歳のとき,自分から応募したのがきっかけです。小さな頃からテレビっ子で,最初はテレビが好きで,だんだん憧れに変わって。でも,15歳のころはたくさん仕事をしていたわけではありません。当時は広告のモデルなどアルバイト的なものが多かったです。
○本格的に芸能活動を始めたのは?
安さん  18歳頃でしょうか。そのころ,自分でも本格的に芸能界でやっていきたいと思うようになりました。
○これまでのご活躍を簡単に説明していただけますか。
安さん  19歳のとき「トゥナイト2」のレポーター,次に,「王様のブランチ」のレポーター,さらに,「Pooh!」のレポーターというように,レポーターとしての活動が多かったのですが,ここ1年でさらに色々な仕事がたくさん入ってくるようになり,忙しくなりました。
○現在の活動の中心は?
安さん  テレビのお仕事を中心に,あとは今までグラビアの仕事もしてきたので,今後も並行的にやっていきたいと思っています。少しお芝居の仕事もやり始めています。
○バライエティ番組でよくお見受けしますが,どんなタレントさんを目指していますか。
安さん  特に,限定はしていません。若いので特定せずまだまだ色々やりたいと思っています。
○テレビでは「昭和の女」と言われていますが。
安さん  レポーター業を通して普通の人が見られないことや体験できない仕事を見たりしてきたので,ふとした私の発言について「23歳には思えない。」と言われます。「昭和の女」と言われるのもそれが原因でしょうか。
○「行列のできる法律相談所」に出演して,弁護士に対するイメージは変わりましたか。
安さん  硬いイメージがありましたが,こんな方たちもいるんだと思うようになりました。橋下先生とは他の番組でも隣に座ったりするのですが,芸能人の中に入って頑張っていますよね(笑)。もうすっかりタレントですよね(笑)。「法律相談所」内で出題される法律問題は弁護士さんによって回答が異なることがあって,難しいなと感じます。
○法曹関係者が身内にいるとか,お世話になったとか,ありますか?
安さん  私や両親は弁護士さんのお世話になったことはないです。今後何かあったら,あの4人の先生のうちの誰かに頼むかもしれません(笑)。
○安さんご自身のパブリシティー権等について何か考えさせられたことはありますか。
安さん サインとか勝手にネット上で売られたりするので,何とかならないかなと思うことはあります。えげつないのはちょっと(困り顔)。
○安さんと同年代の弁護士が増えつつありますが,彼らに一言。
安さん  弁護士さんの仕事は,困っている人を支えなければならないし,相手と戦わなければならないので,大変だと思いますし,それがかっこいいと思います。若い弁護士さんにも頑張って活躍して欲しいです。
○弁護士が身近にいたらいいと思いますか。
安さん  すごく安心できると思います。
○林野庁の緑の雇用プロジェクトにかかわっているそうですが。
安さん  はい。イメージキャラクターをやっています。若い人で林業に携わる人が少ないので,林業を応援しようという活動です。全国で5,6箇所,実際に間伐や下草刈りなど林業の現場を見てきました。地味な仕事なのかと思っていましたが,力がなくてはできないようなやりがいのある男らしい仕事だと感じました。
○関弁連の昨年のシンポジウムでは,農林業の再評価が持続的社会の実現に不可欠であるとの結論に至りましたが。
安さん 私も,実際に関わってみて林業の重要性が分かったと思います。情報がまだまだ少ないので,もっと林業について皆さんに知ってもらうことが重要だと思います。
○ところで,トランペットが得意と聞きましたが。
安さん  小学生のころ,吹奏楽でトランペットを吹いていたんです。たまたまテレビ番組で吹いてみないかと言われ,軽い気持ちで吹けるだろうと了承したら,すっかり口の形を忘れてしまっていてぜんぜん吹けなくて(笑)。だから,今では完全に趣味の域です。でも,小学生のころは本当に上手だったんですよ(笑)。とにかく,音楽が大好きで,何でも聞くんですね。プリンス,クラッシュ,ビートルズに始まってジャズ,哀川翔,クリスタル・ケイ,宇多田ヒカルも好きです。また,スペースシャワーTVの「熱血!スペシャ中学」という音楽番組では,唯一のマドンナ中学生役としての出演もさせてもらっています。
○お酒も好きだとか。
安さん 好きですが,皆さんが思っているほどではありません。もちろん本当のことですが,テレビではどうしても極端なおもしろい話だけをしてしまうので,大酒飲みと思われてしまいます(笑)。本当は,お風呂上り,寝る前に「今日も疲れて帰ってきた。今日も頑張った。一杯飲みたいな。」と,きゅっと飲んで,コテッと寝るような,かわいらしい飲み方です(笑)。居酒屋での一人飲みも1ヶ月に1,2回ありますけど(笑)。みんなでいるのも好きですが,一人の時間もないと駄目なタイプです。
○それでは結婚できませんね(笑)。
安さん いや,いつかは結婚したいです(即答・笑)。
○タイプの男性は?
安さん お酒が好きで,音楽が好きで,笑いのつぼが一緒だといいですね。ちょっとずれた笑いが好きです。タモリさんとか関根勤さんとかふかわりょうさんとか。
○近い将来裁判員制度が導入されますが,裁判員に選ばれたらどうしますか。
安さん 鼻血がでちゃいますね(笑)。貴重な体験だと思いますが,ちょっと怖い気もします。プレッシャーや責任を感じます(真面目に)。
○今後の目標は?
安さん 幅広く長く活躍できたらいいですね。まだまだ勉強は足りませんが。CMもアイスクリームとかシャンプーとか(笑)。


○インタビュアーの感想
 今回ほど会報広報委員になってよかったと思ったことはありません(笑)。美人さんでした。オーラを感じました。ほんわかした感じです。インタビューしている私はすっかりとろけてしまいました。馴れないインタビュアーに一生懸命気を使ってたくさん話していただき,ただただ感謝です。おかげですっかりファンになってしまいました。実は,上記以外にも音楽の話やラーメンの話,沖縄の話などで盛り上がりました。普段の仕事をすっかり忘れることができ,夢のような出来事でした。




シリーズ一覧に戻る >>