関東弁護士会連合会は、関東甲信越の各県と静岡県にある13の弁護士会によって構成されている連合体です。

関弁連とは?関弁連とは?

関弁連って何の略ですか?

 関弁連というのは,関東弁護士「会」連合会のことで,東京高等裁判所管内の13の弁護士会によって構成されています。東京の三弁護士会(東京,第一東京,第二東京)と,関東地方の弁護士会(神奈川県,埼玉,千葉県,茨城県,栃木県,群馬)のほか,甲信越の弁護士会(山梨県,長野県,新潟県)及び静岡県の弁護士会が連合した組織です。

 関弁連に所属する弁護士の数は約2万人で,日本の弁護士の約60%が関弁連に属しています。

 全国には,「弁護士会連合会」(弁連)が,関弁連の他に,全国の高等裁判所に対応して,北から北海道,東北,中部,近畿,中国,四国,九州に設けられています。
 また,全国組織である「日本弁護士連合会」(日弁連)は,全国52の弁護士会及びそこに所属する弁護士・弁護士法人を構成員(会員)としています。つまり,52弁護士会は,日弁連の会員であると同時に,各地の弁連の構成員でもあるわけです。

 日弁連は,国家機関から監督を受けない「弁護士自治」を有し,この自治権の下に,弁護士会及び弁護士等の指導及び監督を行い,また,全国レベルで憲法,人権,災害支援,刑事司法と民事司法の改革,法曹養成,裁判員制度,男女共同参画等といった重要な諸課題について市民の視点から取り組んでいます。

 関弁連を始めとする各地の弁連は,各地で日弁連のこういった活動のサポートを務める一方,地域における諸課題に取り組むと共に,構成する弁護士会の連携・交流を図るための諸活動を展開しています。

どんなことをしているのですか?

 定期弁護士大会やシンポジウムなど,13弁護士会が協働で行っている事業が沢山あります。最近では,東日本大震災の被災者支援活動もそうです。福島から関弁連管内に避難しておられる方は沢山おられます。お互いに情報交換したり研修をしたりしながら,被災地にアクセスしやすい会は,現地に行って法律相談をすることに力を入れ,遠い会は地元で避難して来られた方々を支援したりして,協働して被災者支援に取り組んでいます。

関弁連の課題はどんなこと?

 関弁連は,日本最大の弁護士会連合会ですが,所属弁護士の4分の3は東京の三つの弁護士会に属し,残りの4分の1の弁護士がそれ以外の弁護士会に属しています。その環境の違いから,巨大都市東京の弁護士会と10県に属する弁護士会の間では,かなり意識が違っています。この違う弁護士会同士で,情報を共有し協働していく工夫が求められています。

理事長就任にあたって

写真:理事長

2023年度理事長
杉本 喜三郎

ご挨拶

 本年4月5日に開催されました第1回理事会において、2023年度の関弁連理事長にご選任いただきました静岡県弁護士会の杉本喜三郎、修習は29期です。東京弁護士会の小杉公一副理事長をはじめ、常務理事・理事・監事の皆様とともに、今年度1年間、関弁連の会務を担当させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
 関弁連は、数年前に、関弁連理事長輪番制度を変更し、関東十県会所属の弁護士会において理事長選出の機会が増えたため、静岡県弁護士会では、1988年度の平井廣吉理事長以来の選出となります。 静岡県弁護士会は、静岡支部、浜松支部、沼津支部の3支部体制ですが、私は東部の沼津支部に所属しています。
 弁護士会連合会は、弁護士法44条に基づいて設置されている組織ですが、弁護士会連合会は、弁護士会や日本弁護士連合会と違って、個々の弁護士を構成員とせず、法人格をもたない任意組織(権利能力なき社団)です。
 弁護士会連合会の目的は「共同して特定の事項を行う」ことであり、関弁連は、①日本弁護士連合会及び管内弁護士会の連絡に関する事項、②管内弁護士相互間の協力及び懇親を目的とする事項、③司法の改善、発達並びに人権擁護及び社会正義の実現に関する事項、④管内弁護士の品位及び地位の向上並びに学術の研究に関する事項、⑤司法修習生の修習方法に関する事項、⑥前各号に関連する事項、を目的として定めています(関弁連規約第4条)。
 関弁連は、東京高等裁判所管内の13の弁護士会をもって組織されています。私は、静岡県弁護士会(沼津支部)に所属していますので、関東十県会の会務運営はある程度承知していますが、東京三会の会務運営はほとんど知りません。関弁連理事長は東京三会理事者会に出席させていただけるとのことですので、関弁連の会務運営の参考とさせていただき、情報を共有し、関弁連や弁護士会の風通しがよりよくなるよう精一杯尽力する所存です。ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
 新型コロナウィルス感染症対策では関弁連でもこれまで様々な対策と工夫を凝らしてきたところですが、2023年度はコロナ以前のようなリアルな会合が開催できることを念願しています。

・関東弁護士会連合会規約(PDF)

PAGE TOP